事業概要

事業概要

弊社は医療機器販売事業のほか、エコエネ事業といたしまして
 電池診断装置の開発・販売
 バッテリー・マネジメント・システム(BMS)の開発・販売
 急速充電装置の開発・販売
 電池応用技術の開発・販売
 その他、各種電池関連製品の開発を行っています。

世界初の独自技術による『電池診断装置』を開発いたしました。
他社では難しい小ロットの生産やオリジナル製品開発、カスタマイズにも対応していますので
ぜひ一度お気軽にご相談ください。

電池診断装置の開発・販売
バッテリー・マネジメント・システム(BMS)の応用

BMSとは

バッテリーの劣化度と蓄電容量を常時的確に診断し、充電と放電を適切に制御して、貴重なバッテリーを安全・安心に長く使いこなすバッテリー・マネジメント・システムです。

 基盤

EMF方式のバッテリー診断とは

◆電池は起電力(EMF)で評価される
 →起電力(EMF:Electoro Motive Force)電池が押し出す力、電圧
◆電池の正確な起電力は計測できない
 →電池固有の内部抵抗(Dir)が個々に異なるため
◆起電力が解ればすべてが解る
 →電池の内部抵抗(Dir)が同定できる。
 →電池の劣化度SOH(State of Health)が計算できる。
 →電池残量SOC(State of Charge)が計算できる。

Battery Analyzer(バッテリー診断技術)

瞬時にバッテリーの性能(安全性)を評価
・SOH(State of Health)
 →充電容量を計測
・SOC(State of Charge)
 →充電量を計測

Adv.IC&C法(バッテリー充電技術)

バッテリーの起電力を計測しながら充電
・過充電することなく急速充電が可能
・安全に満充電できる
・バッテリーの劣化少なく寿命(サイクルタイム)が延びる

電池応用装置の新開発・販売

これらの技術を活用し新装置開発

  1. 電池診断装置の開発・販売 商品詳細→
  2. 電池診断装置の組み込み
      用途:EV・自動車・芝刈り機、その他電池搭載機器全般
  3. EV用のメーターの開発 
      例:BMSによる開発
  4. 電池製造ラインへの性能評価システム組み込み
  5. 電池使用物の電池性能評価
      例:サイクルテストが不要に
  6. 新製品開発
      例:・基盤を使用し電池をコントロールする装置の共同開発
        ・各種電池応用装置
急速充電装置の開発・販売

電池に損傷を与えず、かつ急速充電する方法を確立。

IC&Cの急速充電技術は、化学反応論、熱力学、電気化学理論など、充電式電池の基本原理にさかのぼって研究することで、従来の充電器と比べて遥かに高いパフォーマンスを得るに至りました。
近年のエコロジーへの関心の高まりからも、IC&C機構を貴社製品に組み込むことは、貴社のエコロジーへの取り組み姿勢のアピールに繋がるでしょう。

これらの技術を活用し

IC&C法 詳細はテクノコアインターナショナル株式会社のページへ