JETROやBooming、未来2018などで技術の発表してきたことで、目を止めてもらい取材していただきました。

二次電池の容量は、長時間の充電放電によってその電気量で測定しています。それがわずか1秒で測定できる電池診断器が完成しました。

この技術を応用してEV車の正確なフューエルメーター,EV車の電池を現在の半分の量へ急速充電安全安心なBMS(バッテリーマネージメントシステム),ロボットやドローンの操作時間の延長, など二次電池によるエネルギーマネージメント事業を世界に広めていきます

日経新聞朝刊 掲載内容